東京・神奈川あたりの喫茶店巡りです。
早稲田中心?たまにワセメシも。
・・・・・・・・・・・・・・・
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

休止&移転のお知らせ

早稲田に関する話題が多めだった当ブログですが、ブログをまとめたいのと、今後はほとんど早稲田に行く機会がなくなってしまうするため、とりあえず一区切りつけさせていただこうと思います。
早稲田は喫茶店もご飯やさんも多くて本当に私にとっては楽しい町です。まだ行けてないお店とかもあって心残りも・・・。とりあえず早稲田は魅力的な町だとおもいます。すごく。

とはいえ喫茶店についての記事はまだ書きたいなあと思っているので、
今後はもうすこしゆるい感じで新ブログhttp://desugosu.doorblog.jp/に書こうと思います。
ここの記事は消しませんが、新ブログのほうにこれまでの記事も移行します。
でも自動的には出来ないらしいので手作業で徐々に地道に・・・笑

では、ありがとうございました。

このブログについて

ブログをご覧になってくださってありがとうございます。このブログは東京・神奈川、特に高田馬場や早稲田の喫茶店を中心に、たまにワセメシや甘味処など脇道にそれつつ気の向くままに更新されています。

※情報は記事を書いた当時のものになります。営業時間の変更など気付いたら随時更新していますが、変わっている場合がありますのでご了承ください。あくまでも参考までに・・・

・あてにならない感性の代わりになるべくはっきりした事実を(住所やメニュー内容など)記すよう心がけています。

・星の数はあくまでも「個人的好き度」であって、お店の客観的な評価ではありません。

・好き≠おいしい。おいしくて好きな店も、そうでない店もあります。

・勉強のしやすさは個人的な感覚です。よい、ふつう、あまりの三段階+?で記しています。

・私はコーヒーがあまりのめず自分でも微妙だと思うのですが、ご了承ください。。。

・最初の方の記事が2分割されているのは私の携帯の仕様からです。
わたしの携帯からだけかもしれませんが、他の方々にも携帯からみやすいよう2分割させていただいています。
途中からはサムネイル化しているのでそちらは平気かと思います。

・秋葉原の喫茶店は基本的にメイド喫茶以外です。ですがメイド喫茶でもまったりできるお店や何か思うところがあったお店については記載しようと思っています。

さてここからは店の分類と記事のカテゴリーの説明です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【喫茶店の分類】
以下のように極めて主観的に喫茶店を分類しています。

「まちの喫茶店」
ノスタルジック。内装はシンプル。紅茶をのむより定食やソーダ水などを頼みたくなる。
(喫茶室イーグルなど)

「レトロ喫茶店」
アンティークと簡素さのバランスがとれた落ち着いた店内。お茶をのみたいしトーストなどを頼みたくなるような雰囲気でもある。
(ぷらんたんなど)

「アンティーク系喫茶店」
クラシカル、優雅、装飾的な店内。もしくはビロード椅子などわりとおじさま風なゴージャスな内装。食べ物より紅茶をのんでゆったり過ごしたい。
(古炉奈、夢々など)

「カフェ」
現代的な明るさや方向性のあるお店。

「ごはんカフェ」
カフェダイニングに限らず、カフェの中でもお茶を飲むよりごはんを食べるのがメインだと個人的に感じたところ。

「コンセプトカフェ」
ドラキュラ、不思議の国のアリスなどあるひとつの個性的なテーマに基づいた内装や制服のあるカフェ、もしくは、ただコンセプトがあるだけでなく店員にキャラクターを持たせたり、店員とのコミュニケーションも重視するカフェ。(メイド喫茶全般など)

類するもの
「甘味処」
「パーラー」
「ホテル喫茶室」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【記事の分類】

「はじめに+まとめページ」
この記事と、従来の分類以外で記したまとめ記事たちが載っています。

「東京喫茶店」
東京都内の喫茶店もしくはそれに類するお店。

「神田・秋葉原喫茶店」
神田・秋葉原の喫茶店もしくはそれに類するお店。

「高田馬場・早稲田喫茶店」
高田馬場・早稲田の喫茶店もしくはそれに類するお店。

「おまけのワセメシ」
高田馬場・早稲田の定食やさんなど喫茶店以外のお店をせっかくなので記載。

「神奈川喫茶店」
神奈川県内の喫茶店もしくはそれに類するお店。

このブログが自分用メモかつ少しでもみなさまのお役に立てたら幸いです。
ご意見ご要望など承りますのでなにかありましたらよろしくお願いしますm(__)m
とりいそぎのものたち2
ワセメシ(2011〜2012のあいだにいった新たなところ)

・コットンクラブ(イタリアン)
個人的好き度★★★★(4)

高田馬場駅から5分強でしょうか?ランチで利用したのですが安くて美味しくておなかいっぱいになったのがとても素敵でした
パスタか日替わりプレートにサラダがついて、ドリンク、スープ、デザートは食べ放題です。そんなに種類は豊富ではないのですが、食べ放題はうれしいですし、その日のメインだった豚肉のパン粉焼きが本格的な味で、トマトソースもおいしく、食べ応えがあったので、満足満足でした。

・すず金 (うなぎ)
個人的好き度★★★(3.5)

どうして今まで気づかなかったのか、早稲田駅すぐの郵便局のすぐそばのおみせ。3.5にするのは忍びないような気もするのですが学生のランチとしてはやはりちょっと高い・・・
ですが1500円でおいしい鰻重が食べられるのは、とてもお得だと思います。
店内は小綺麗で清潔感がありびっくりしました。老舗なのもよいですね。客層は大人の方が多いです。

・えぞ菊(ラーメン)
個人的好き度★★★(3.5)

味噌ラーメン750円→学生証提示で50円引き。ありがたいです。
シンプルな味付けで結構好きな味です。上に載っている野菜も多くて嬉しい。でも750円はちょっとお高いきがしました。親しみやすい味なので、もう少し量が少なくてもいいから値下げしてほしいなあというぼやき・・・

・カプチーノ(イタリアン)
個人的好き度★★★(3)

北門のすぐそばのお店。パスタランチをいただきました。結構がつんとこしょうがきいてて美味しかった。

・キッチン谷沢(洋食)
個人的好き度★★★(3.5)

カウンター席のみの洋食やさん。
鉄板にのったあつあつのハンバーグが運ばれてくるとわくわくします。なかなかの大きさのハンバーグに、フライドポテト、コーン、王道。あと味噌汁が嬉しいです。
学生と言うよりは地元の人で賑わうお店。

・Tun Ten(タイ料理)
個人的好き度★★★(3)

店構えがおしゃれでなんとなく入りにくそう?とおもっていましたが中に入るとそんなことはなかったです。トマト風味の激辛スープ麺900円を頼みました。適度な辛さで酸味もあり。メニューを見返すと、単純に私の好みの問題で、ご飯系の方が好きかもしれない。
食後のフレーバーのかおるお茶が個性的で好きでした。
レジ脇で売っているアクセサリーなど可愛いです。

・エチオピアンカフェルーシー(エチオピア料理)
個人的好き度★★★★(4)

リッチ(喫茶店)の跡地に出来たお店。椅子の位置などはたぶんリッチ時代のまま・・・
ドロワットというシチューを食べたのですが個人的に大好きな味でした。甘口と辛口の中間という意味ではなく甘さもスパイスも同時に感じられておいしかったです。
あと、コーヒーセレモニーというイベント的な食事コースも開催しているみたいでとても気になります。

・麻の葉(和食)
個人的好き度★★★★(4)

夜はこじゃれた居酒屋さん?のようになっているらしいのですが、昼はランチ営業をしています。
麻の葉弁当と和風ビビンバを食べたのですがこれがどちらも美味しかった
食材も豊富に使われていて飽きさせないしかなり満足度が高いです。早めに行かないとランチは売り切れてしまうので注意が必要です。

・稲穂(ラーメン)
個人的好き度★★★(3,5)

やっているのかやっていないのか、のれんがかかってわかりにくくてどきどき入りにくいお店。
名物のタンメンをたべました。謳っているようにヘルシーなのがよいです。安さと、それから各メニューのカロリーや栄養成分が壁に貼ってあるのが個人的なポイントです笑
お正月に近かったこともあり甘酒のサービスがありました。心遣いが嬉しかったです

・モグモグ(ハンバーグ)
個人的好き度★★★(3)

最初は洋食屋さんだったと思うのですが、休業期間を経てハンバーグやさんになったお店。店内はせまいです。壁にむかう長いカウンターあり。
トマト味の煮込みハンバーグをいただきました。さっぱりして女性向けです。あと、カレー味のが非常に気になります。

・おむすび茶屋(おむすび、総菜)
個人的好き度★★★(3)

軽く食べたいとき、健康的な食事をしたいときに良いと思います。
種類豊富なおにぎりに加えて、おみそしる、お総菜。雑穀系が好きな私はおいしくいただきました。
健康志向が強く感じられるお店です。
とりいそぎのものたち
更新しないよりは、不完全な情報でもとりあえず更新したほうがいいとおもうので、断片的な情報をしるす記事です。あとで記事をちゃんと書くかもしれません。

早稲田喫茶店(2011〜2012の間に行った新たなところ)

・10℃カフェ
個人的好き度★★★(3)
お店タイプカフェ
勉強ふつう

高田馬場駅から5分くらい、シンプルモダンなおしゃれカフェ、実は2階もあるようだ。1階席は少人数向け。いすは横に並び、キッチンと平行に。開けた空間。雑誌あり。
ランチに和風白だしの三種のとろろ丼(700)にサラダセット+150。さっぱりしたカフェめしでした。

・ザッシカフェ
個人的好き度★★★(3)
お店タイプカフェ
勉強よい

早稲田通りからはちょっとだけ歩くのであまり普段行かないエリア
カウンターと椅子が少し、小さな空間でおちついている。若い男性店主一人で切り盛りしているこだわりの空間というかんじですが、決して個性強すぎなわけでなく男性客もはいりやすそうなちょうどよさ。
店名のように雑誌がおいてあります。
メニューはドリンク豊富、食事少なめ。ホットサンド(詳細失念)が結構おいしかったです。

・VIA
個人的好き度★★★(3.5)
お店タイプまちの喫茶店
勉強あまり?

早稲田通りを途中で曲がるとすぐ、なんだかアットホーム、ひっそりとやっている感じ。応援したくなるまちの喫茶店。
なんだったか和風の定食があってそれ食べたかったりしたのですが、その日は売り切れていました。家庭的なピラフをいただきました。
お店の方もフレンドリーな感じで、ほっと一息つくのに良いと思います。

・トレビ
個人的好き度★★★(3)
お店タイプまちの喫茶店
勉強ふつう

高田馬場駅から徒歩5分以内、なんか不思議な喫茶店、入り口がちょっと不安笑
いつも人が結構いて繁盛しています。常連さんが多い様子。お店の人なのかお客さんなのか分からないときがあるくらい会話していたり。でも忙しそうです。
食事メニューはどちらかといえばボリュームあり。隣の人が食べていたトーストが結構大きかった印象。ナポリタンを食べました。素直に美味しい味です。
【福岡・博多南】不思議博物館


8月おわりに九州行ってきました。
一体どうしてここを知ったのか全く覚えていないのですが、アートと趣味とメイド喫茶の融合したこの施設に、一度行きたくて、今回、唯一の営業日である日曜日に合わせて訪れることとなりました。


博多南駅から決められた時刻のバスに乗らないと、到着することも帰ることも困難になってしまうので、注意が必要です。まずは博多南線、博多11:28発。

博多南には11:38着。
博多南はもともと新幹線車庫へ回送してただけだったのを、周辺住民の為についでにお客さんを乗せるようになったということを伺いました。何もなかったら来る機会もなかったレアな駅・・・
駅には駅ビルがあり驚きました。

ホームが2階にあり、1階には服ややうどん屋が。バスを待つ人の姿も多く見うけられました。

そこから11:55発のバス「かわせみ」の南畑線に乗り那珂川営業所まで。


那珂川営業所で降りた後は同じバス停でまつこと17分、11:55発の西畑線へ。かわいいバス。


不思議博物館に行くグループと一緒になりました。車内は満席。


上別所12:39着。

すがすがしいバス停。さて不思議博物館はどちらだろうと迷っていると、一緒になったグループの方が運転手さんに聞いてくださり、その結果なんとご厚意で不思議博物館まで乗せてくださることになりました。ありがたかったです。

そしていよいよ不思議博物館に潜入・・・

 

階段でピンポンを押すとメイドさん=不思議子ちゃんがいらした!かわいい。お洋服もご本人も素敵です。
どきどきしながら階段を上がり、一歩足を踏み入れるとまずは大きなクマムシがどーん。
右側にはカウンター、天井や左には机と、更に館長の作品。メゾネット的に2階があり、そこにはやはり館長の作品、羽の生えた猫や、牛や、不思議子ちゃんのマネキン・・・
何もかもが狭い空間にぎっしり詰まっています。
写真はあんまり載せてしまうともったいないので、すこしだけ・・・。
 

伊豆の怪しい少年少女博物館にも行った事がありますが、そこはわりとスペースが広く、レトロなもの、セクシャルなもの、ホラーなものなど好きなものをとにかく集めた!!というマニアの部屋のような印象だったのに比べてこちらのほうが館長の作品と言うこともあり、嗜好が統一されていると感じました。そういえば少女アリスの写真集置いてありました。本や漫画も充実しています。

カフェスペースで昼食。


なんと可愛いポットだろう・・・。Tシャツの方は館長です。いちおうメイド喫茶だけれど館長ががっつり前に出てきているというのがすごく良いなあと思います。

友達が頼んだニョロニョロのパフェ(飲み物付き800円)と、私が頼んだダックワーズ(飲み物付き800円)。お菓子もごはんも日替わりのようです。

 
どちらも盛り付けが可愛らしくてきゅんとします。
ニョロニョロのパフェは凍らせたバナナが芯としてはいっているので、スプーンをさしてもなかなか食べられない。というわけで上からかぶりつく形になりちょっとしたえろい雰囲気を醸し出します。友達は乙女の恥じらいを見せていました。笑
ダックワーズは結構甘めでおなかにきます。羽の形と、フルーツがたくさんのっているのが良かった。

紅茶は根ポットと根カップで提供されます。しかも購入できる。持ち帰る途中割ってしまうのが怖いので買いませんでしたが、通販で買おうかなあと真剣に考え中・・・

席がカウンターだったので、それからわざわざここを訪れるような人たちは何かしら通じ合うものがあるのか、不思議子ちゃん、館長、そして他のお客様たちとも会話が弾んで楽しかったです。初めて来たという方とのおしゃべりも、毎週来ているというメイド喫茶大好きな常連さんに絵を描いていただいたり・・・とっても居心地がいい空間でした。

帰りのバスも1本しかないので、バスの時間(15:55)に合わせて店を出ましたがぜひもう一度(というか何度も)行きたい場所でした。
バス停まで帰れるかしら・・・とおもっていましたが意外とすんなり。
館をでて左にまっすぐ進み、大きな橋っぽいものが右に見えたらそこをわたればすぐバス停です。

ちなみにお土産にはこちらを購入。



グリニョテのジンジャークッキー。150円か180円か不明・・・。ザクっとハードな食感。ジンジャーがきいていて好みの味でした。
他にもシュシュや、切手、ドロップ、Tシャツなど色々そろっていました

ちなみに持って帰ってきたパンフレットに館長の作品が載っていて、ミニ鉄道特急かもめって・・・どこで稼働しているんだろう・・・気になる・・・

・食べ物・

館長の気狂いおやつ(お好きなドリンク付)800
日がわりごはん(お好きなドリンク付)800
不思議子ちゃんの悩殺コース 2000(ごはん、おやつ、ドリンク2つ、13周年不思議子ちゃんDVD、不思議子ちゃんの落書きポストカード)

・冷たい飲み物・

ウィルキンソン・ジンジャエールビン200
本日のフルーツジュース 300
ブルジョワ炭酸林檎ジュース 300
コーラ 300
ジンジャエール 300
ドクターペッパー 300
ルートビア 300
アイスコーヒー 500
アイスティー 500

・あたたかい飲み物・

ホットコーヒー(砂糖、カップミルク付) 500
絶望という名の苦いコーヒー 500(ブラックコーヒー)
紅茶(根ポット使用) 500
ミルクココア 300
カプチーノ 300

勉強:あまり(カウンターだけなのとわざわざここですることはないというか)
個人的すき度★★★★(4.5)

お店タイプ:コンセプトカフェ
住所:福岡県筑紫郡那珂川町西畑1466-2 不思議博物館
FAX 050-3424-4985 
携帯 090-4989-8783
営業時間:毎週日曜日の12〜18時のみ
ホームページhttp://www.asahi-net.or.jp/~bu9t-sm/
高木や(つけめん)
早稲田駅すぐ近くの2階にあがるお店です。ムンクの叫び的な看板が特徴。

わりと雑多な店内。木の机にきりかぶの椅子。
ティッシュが隅につんであったりします。テレビがついていて漫画がおいてある。ちなみに二階なのでよく外がみえる。

合わせを注文しました。


太いごわごわした麺が食べ応えがありおいしいです。
辛さは人によって感じ方が違うのでなんとも言えませんが、辛いです。少なくとも辛いのが苦手な人はやめたほうがいいとおもいます。
唇がちょっとヒリッとして鼻の通りも結構よくなります笑。
からしみそ(合わせより辛いやつ)も以前食べましたが、合わせの方がうまみがあって好きかなあと思いました。

看板イラストのTシャツ2000円で販売してました。しかも着ていくと安くなる割引キャンペーンをやっていた笑

・辛いつけ麺・
からしみそ
あわせ
マイルド650

・普通のつけ麺・
しょうゆ650
ごましゃぶ650

・その他・
ぶっかけ650
ライス150
小ライス100
ぶっかけし650

・トッピング・
なまたまご50
もやし50
やさい80
めんま80
チャーシュー180
など

・追加・
麺大盛り50
辛さ追加辛口50、大辛100、超辛150

・飲み物・
生ビール480

個人的すき度★★★(3.5)

住所:東京都新宿区馬場下町9 須田ビル 2F
電話番号03−3202−8661
営業時間11時〜19時
やすみ:不定休