東京・神奈川あたりの喫茶店巡りです。
早稲田中心?たまにワセメシも。
・・・・・・・・・・・・・・・
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 高木や(つけめん) | main | とりいそぎのものたち >>
【福岡・博多南】不思議博物館


8月おわりに九州行ってきました。
一体どうしてここを知ったのか全く覚えていないのですが、アートと趣味とメイド喫茶の融合したこの施設に、一度行きたくて、今回、唯一の営業日である日曜日に合わせて訪れることとなりました。


博多南駅から決められた時刻のバスに乗らないと、到着することも帰ることも困難になってしまうので、注意が必要です。まずは博多南線、博多11:28発。

博多南には11:38着。
博多南はもともと新幹線車庫へ回送してただけだったのを、周辺住民の為についでにお客さんを乗せるようになったということを伺いました。何もなかったら来る機会もなかったレアな駅・・・
駅には駅ビルがあり驚きました。

ホームが2階にあり、1階には服ややうどん屋が。バスを待つ人の姿も多く見うけられました。

そこから11:55発のバス「かわせみ」の南畑線に乗り那珂川営業所まで。


那珂川営業所で降りた後は同じバス停でまつこと17分、11:55発の西畑線へ。かわいいバス。


不思議博物館に行くグループと一緒になりました。車内は満席。


上別所12:39着。

すがすがしいバス停。さて不思議博物館はどちらだろうと迷っていると、一緒になったグループの方が運転手さんに聞いてくださり、その結果なんとご厚意で不思議博物館まで乗せてくださることになりました。ありがたかったです。

そしていよいよ不思議博物館に潜入・・・

 

階段でピンポンを押すとメイドさん=不思議子ちゃんがいらした!かわいい。お洋服もご本人も素敵です。
どきどきしながら階段を上がり、一歩足を踏み入れるとまずは大きなクマムシがどーん。
右側にはカウンター、天井や左には机と、更に館長の作品。メゾネット的に2階があり、そこにはやはり館長の作品、羽の生えた猫や、牛や、不思議子ちゃんのマネキン・・・
何もかもが狭い空間にぎっしり詰まっています。
写真はあんまり載せてしまうともったいないので、すこしだけ・・・。
 

伊豆の怪しい少年少女博物館にも行った事がありますが、そこはわりとスペースが広く、レトロなもの、セクシャルなもの、ホラーなものなど好きなものをとにかく集めた!!というマニアの部屋のような印象だったのに比べてこちらのほうが館長の作品と言うこともあり、嗜好が統一されていると感じました。そういえば少女アリスの写真集置いてありました。本や漫画も充実しています。

カフェスペースで昼食。


なんと可愛いポットだろう・・・。Tシャツの方は館長です。いちおうメイド喫茶だけれど館長ががっつり前に出てきているというのがすごく良いなあと思います。

友達が頼んだニョロニョロのパフェ(飲み物付き800円)と、私が頼んだダックワーズ(飲み物付き800円)。お菓子もごはんも日替わりのようです。

 
どちらも盛り付けが可愛らしくてきゅんとします。
ニョロニョロのパフェは凍らせたバナナが芯としてはいっているので、スプーンをさしてもなかなか食べられない。というわけで上からかぶりつく形になりちょっとしたえろい雰囲気を醸し出します。友達は乙女の恥じらいを見せていました。笑
ダックワーズは結構甘めでおなかにきます。羽の形と、フルーツがたくさんのっているのが良かった。

紅茶は根ポットと根カップで提供されます。しかも購入できる。持ち帰る途中割ってしまうのが怖いので買いませんでしたが、通販で買おうかなあと真剣に考え中・・・

席がカウンターだったので、それからわざわざここを訪れるような人たちは何かしら通じ合うものがあるのか、不思議子ちゃん、館長、そして他のお客様たちとも会話が弾んで楽しかったです。初めて来たという方とのおしゃべりも、毎週来ているというメイド喫茶大好きな常連さんに絵を描いていただいたり・・・とっても居心地がいい空間でした。

帰りのバスも1本しかないので、バスの時間(15:55)に合わせて店を出ましたがぜひもう一度(というか何度も)行きたい場所でした。
バス停まで帰れるかしら・・・とおもっていましたが意外とすんなり。
館をでて左にまっすぐ進み、大きな橋っぽいものが右に見えたらそこをわたればすぐバス停です。

ちなみにお土産にはこちらを購入。



グリニョテのジンジャークッキー。150円か180円か不明・・・。ザクっとハードな食感。ジンジャーがきいていて好みの味でした。
他にもシュシュや、切手、ドロップ、Tシャツなど色々そろっていました

ちなみに持って帰ってきたパンフレットに館長の作品が載っていて、ミニ鉄道特急かもめって・・・どこで稼働しているんだろう・・・気になる・・・

・食べ物・

館長の気狂いおやつ(お好きなドリンク付)800
日がわりごはん(お好きなドリンク付)800
不思議子ちゃんの悩殺コース 2000(ごはん、おやつ、ドリンク2つ、13周年不思議子ちゃんDVD、不思議子ちゃんの落書きポストカード)

・冷たい飲み物・

ウィルキンソン・ジンジャエールビン200
本日のフルーツジュース 300
ブルジョワ炭酸林檎ジュース 300
コーラ 300
ジンジャエール 300
ドクターペッパー 300
ルートビア 300
アイスコーヒー 500
アイスティー 500

・あたたかい飲み物・

ホットコーヒー(砂糖、カップミルク付) 500
絶望という名の苦いコーヒー 500(ブラックコーヒー)
紅茶(根ポット使用) 500
ミルクココア 300
カプチーノ 300

勉強:あまり(カウンターだけなのとわざわざここですることはないというか)
個人的すき度★★★★(4.5)

お店タイプ:コンセプトカフェ
住所:福岡県筑紫郡那珂川町西畑1466-2 不思議博物館
FAX 050-3424-4985 
携帯 090-4989-8783
営業時間:毎週日曜日の12〜18時のみ
ホームページhttp://www.asahi-net.or.jp/~bu9t-sm/
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://m-and-h.jugem.jp/trackback/205
TRACKBACK